Vol.7/ 2019. 9. 6.
【SAMIイベント情報】
ロシアでは、8月後半〜9月上旬にかけて、秋直前に一時的に気温が上がる気候をバービエ・レータと呼びます。日本でいう小春日和ですね。サンクトペテルブルクにも、バービエ・レータが訪れようとしています。

10月〜11月にかけて、ロシアでは多くのテクノロジー・スタートアップ関連イベントが行われます。
今回は、これらイベントのおしらせです。
エルミタージュ美術館・建物外観
【イベントのお知らせ】
1. go tech arena, モスクワ, 10月15日

2. Open Innovations Forum 2019 ,
モスクワ(Skolkovo), 10月21-23 日

3. SPB International Innovations Forum 2019 ,
サンクトペテルブルク, 11月13-14日
1. go tech arena, モスクワ, 10月15日
gotech.ru
go tech arenaは、民間では最大のロシアスタートアップイベントです。ロシア・東欧から300以上のスタートアップがこのイベントに応募してきます。
投資家もロシアだけでなく、ヨーロッパからも訪れ、イベント全体では1000人以上の参加者が集まります。

2018年には、日本のIT企業のデレゲーションも参加し、スタートアップとのSpeed Datingが行われました。

Visitorとして参加するのもいいですが、go tech arenaは他の政府系イベントに比べて、スポンサーメニューがとてもリーズナブルなので、ロシアのスタートアップ業界で露出をあげたい企業や、投資家のスタートアップソーシングにもオススメです。

2019年の一般参加費用は99€、9月16日までの購入で85€です。
ロシアスタートアップと日本企業がインベスタールームでSpeed Datingを行った
go tech arenaスポンサーメニュー
I. Contest Nomination with/without Pitch Session
II. Booth at Business Alley
III. Warm-up event at GoTech Arena
IV. Partner of the panel discussion
V. Master-class at Workshops Stage
VI. Special Prize Partner of Arena Pitch
VII. After-party partner
資料請求はコチラ
Open Innovations Forum 2019 , モスクワ(スコルコボ),
10月21-23日
sk.ru
Open Innovations Forumは、ロシア最大のイノベーションセンター「スコルコボ」で3日間にわたり行われる、ビジネスカンファレンスです。

世界中から、事業会社・投資家・スタートアップ ・政府関係者などが集まり、ビジネスフォーラム、スタートアップのプロダクト展示・ピッチセッション、ワークショップ、ビジネスMTGなど、非常に多くのプログラムが準備されています。3日間の総来場者数は2万人を超えます。

今年は、日本の経産省・総務省とロシアNIS貿易会(ROTOBO)の主催で、会場内にジャパンパビリオンが設営され、日本からビジネスミッションが派遣されます。ロシアのイノベーション動向や政策、実際のスタートアップのトレンドなど、広くキャッチアップしたい方にオススメです。

2019年の一般参加費用は1日参加で10,000Rub、3日参加で20,000Rubです。
2018年にROTOBOのミッション派遣で日本のベンチャー関係者がスコルコボを訪れた
ROTOBOビジネスミッション
〜ロシアNIS貿易会では、日ロ間のデジタル分野協力を
推進すべく、10月21~23日にビジネスミッションを派遣し、
ロシア・モスクワ市郊外のテクノパーク「スコルコヴォ」
にて実施されるオープンイノベーションフォーラムに参加、
その枠内で「日本セッション」を開催致します。〜
詳細はコチラ
Petersburg International Innovations Forum 2019 ,
サンクトペテルブルク, 11月13-15日
spbinno.ru
Petersburg International Innovation Forumは、サンクトペテルブルク市政府が主催するロシア北西部で最大規模の産業展示会です。

サンクトペテルブルクは、人口500万、ヨーロッパ第三の都市であり、市内には国際大学対抗プログラミングコンテストで最も優勝歴のあるITMO大学が、優秀なITエンジニアを輩出しています。

2018年、同フォーラムでは、ITや電子、市内の技術企業・大学など様々な分野の組織が、国内外から約350社参加しており、3日間の総来場者数は1万人を超えました。

また、ロシア最大のIT企業アソシエーションRussoftや、前述のITMO大学、2018年に福岡市とMOUを締結し、同市とスタートアップの相互支援を行なっているサンクトペテルブルク・テクノパークが同フォーラムを共催しており、サンクトペテルブルクにおけるイノベーションエコシステムを網羅できるイベントです。

今年、日本は「パートナーカントリー」に選ばれており、日本企業は特別なステータスをもって参加をすることができ、様々なビジネスミッションも計画されています。

RussoftやITMO大学が共催することから、今後ロシアでオフショア開発や人材採用を検討している企業に最も適したイベントです。
8月、東京都内に世界6ヶ国からスタートアップ支援者が集まり、
SEKAI BOX主催カンファレンス「Next Silicon Valley」が開催された
Next Silicon Valley
最先端ビジネスミッション
〜海外ビジネス支援プラットフォームを運営するDigima、世界中の様々なテックベンチャーの情報を提供するSEKAI BOXとSAMIの3社は、Next Silicon Valleyと評される「ロシア」への最先端ビジネス視察ミッションを派遣することになりました〜
詳細はコチラ
メールマガジンや配信内容に関して質問や要望などありましたら、SAMIまでご連絡ください。

それでは、次回の配信にご期待ください!
HP: http://jp.sami-japan.ru/

配信停止はこちらから