Vol.2 / 2019. 2. 12.
SAMIメルマガ第二弾!

現在サンクトペテルブルクは、冬本番ながら太陽の出る日も増え、大変美しいロシアの冬景色を楽しむことができます。また、街中では凍った川面を歩く人々の姿を頻繁に見ることができます。
皆様はどのようにお過ごしでしょうか?
エルミタージュ美術館・建物外観
【目次】
1. 今月の記事 ~ロシアにおけるフィンテックと優秀スタートアップ~

2. コラム vol.2 〜超便利フードデリバリーサービス「ヤンデックスフード」の可能性に迫る!〜
【今月の記事】
ロシアにおけるフィンテックと優秀スタートアップ

“ ロシア " におけるフィンテックというと、あまりイメージがないかもしれません。しかし、テクノロジー分野に関しては、欧米に引けを取らないロシアでは、近年フィンテック市場が急成長しており、優秀なフィンテックスタートアップが数多く誕生しています。


※記事を読むにあたって、パスワード要求画面が出た場合には、パスワード「sami2017」をご入力ください。
今月の記事を読む
【コラム vol.2】
〜超便利フードデリバリーサービス「ヤンデックスフード」の可能性に迫る!〜

プリヴェット!(ロシア語で「やあ!」の意)

今回は、ロシアのフードデリバリーサービスについてご紹介します!

ロシアでも、もちろんフードデリバリーサービスは存在します。デリバリーの定番であるピザはもちろんのこと、ロシアン寿司(ロシアでは寿司ロールがファーストフードとしてポピュラー)も人気のデリバリーフードと言えます。

その中でも注目すべきは、個別のレストランやお店が提供しているフードデリバリーではなく、サイトやアプリを通じて、様々なお店の中からフードをチョイスして注文することのできる大変便利なサービス!そのようなサービスを提供する企業はロシアにいくつかありますが、今回はその中でも「ヤンデックスフード」をご紹介します!
「ヤンデックス」といえば、メルマガ第一弾のコラムvol.1でご紹介したロシア最大手のIT企業ですが、フードデリバリーサービスでもトップのシェアを誇っています。
「ヤンデックスタクシー」と同じく、街中やレストランの中でと必ず見かけるのがヤンデックスフードの「黄色い人」。一目でヤンデックスフードの配達人と分かる黄色いコスチュームとデリバリーするフードを入れるためのバックパックを背負っています。デリバリーの注文が入ると、彼らがそのお店まで出向き、フードをピックアップして届けるというのが簡単な仕組みです。

では、実際に利用してみた感想をご紹介します!
アプリでは、住所の範囲内で利用可能な店舗が一覧で出てきますが、フード名で検索することもでき、そのフードを提供している店舗の中から気に入ったものを注文できます。「注文した料理の調理が始まった」「配達人が出発した(何分後に到着する)」という情報は逐一SMSで知らされます。また、配達人の名前と連絡先も知らされ、コンタクトをとることもできます。面白いのは、アプリを通じて配達人の位置情報が分かること。注文してから手元に届くまでは約40分でした。
ヤンデックスグループが展開する諸サービスは、ノウハウが類似していたり他サービスに応用されていたりすることがよくあります。
今回紹介したヤンデックスフードの、「モバイルアプリケーションで位置情報を利用した注文し、街中にいる配達人がデリバリーする」という仕組みは、ヤンデックスタクシーの、「モバイルアプリケーションで位置情報を利用してタクシーを呼び出す、街中にいるヤンデックスタクシーが客のもとへ向かう」という仕組みにそっくりです。
今回は、大手IT企業ヤンデックスが提供するサービスの2つ目をご紹介しました。
では、次の配信にご期待ください!パカ!(ロシア語でバイバイ!の意)

(執筆:田中 真奈美)
メールマガジンや配信内容に関して質問や要望などありましたら、SAMIまでご連絡ください。

それでは、次回の配信にご期待ください!
HP: http://jp.sami-japan.ru/

配信停止はこちらから